映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]ラストキング・オブ・スコットランド 

ラストキング・オブ・スコットランド

★★★★☆

スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガンは、高い志を胸にウガンダのムガンボ村にある診療所へとやって来た。それはちょうど、軍事クーデターによってイディ・アミンが新大統領となった直後のことだった。ニコラスはアミンの演説を聞いて、そのカリスマ性に強く惹きつけられる。そして偶然にも、ケガをしたアミンを救ったことからアミンに気に入られ、彼の主治医に抜擢される。
感想:カリスマ性と人間の弱さ
大統領役のフォレスト・ウィテカーの演技が圧巻だ。

大統領になる男の、表に見せるカリスマ性と人間力。
裏で抱える孤独と不安。
そんな微妙なバランスの上で成り立っていた政治では崩壊するのも
当たり前なのかもしれない。。

今作を見て思うのは、情報は片方から見ると湾曲していると言うことだろう。

中から見ると、大統領は理想的だった。
しかし、世界から見ると、大統領は虐殺者。

僕らは何の情報を見ているのだろうか。。。

もう少し、大統領の不安の先の崩壊を描いてもよかったかも。
2008/02/23 15:12|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/731-7dd9a153
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。