映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]深紅 

深紅

★★★☆☆

秋葉奏子は、小学校の修学旅行中、都築則夫に両親と幼い弟を殺される。その悲惨な事件から8年後、殺人犯の娘と被害者の娘は出会うことに。
感想:美しく冷たい不幸
名脚本家・野沢尚原作だけあって、「体温の無い不幸」を感じさせる作品だった。
サスペンスにありがちなダラダラ説明もなく、秀逸であった。

タイトルのとおり、「紅」色を巧みに配し、
緒方直人の最後の告白には、血の温度が下がる気がするほどだった。

ただ、水川あさみは良かったが、内山理名は個人的には演技過剰だったな。
2007/12/30 15:21|映画TB:1CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
木更津キャッツアイワールドシリーズ 通常
ぶっさん ばいばい~あれから3年。ぶっさんの死を受け止めることを恐れ、大人になりきれないキャッツのメンバー生き返ったぶっさんに ばいばいといえるか・・いろいろ伏線が貼ってあり 楽しめるキャッツアイ。彼らの未来に 栄光are ^^いつものとおりに楽しめる良...
脚本家の感動 2008/01/20(日) 10:06
 
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/708-a0e189b3
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。