映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]幸せのちから 

幸せのちから コレクターズ・エディション

★★★☆☆

1980年代、サンフランシスコ。妻と5歳の息子と3人で暮らしていたセールスマンのクリス・ガードナーは家賃も払えず、どん底の生活を送っていた。ついには、妻が出て行き、家を追い出され、預金も底をついてしまう。そんなクリスは最後に選んだ道は、自分の才能を信じて一流証券会社へ入社することだった…。
感想:現実は映画の様にはいかない
実話をもとにした話らしく、消化不良で終わる。
結局、ウィルスミスはビンボーから金持ちへの第一歩を踏み出すわけだが。 その努力が伝わってこない。
映画なら家族を省みない自分を責めたり迷ったりがあるわけだが、特にない。
息子が随所に不満そうな顔をしているが、別段触れる気配もないのだ。

成り上がりと親子関係のどちらかにまとは絞るべきだった。

さて、主人公の名前はクリス
息子の名前はクリストファー。。。

日本的に言うと母が由美子で娘が由美。。。

いいのか??

息子はウィルスミスの実の息子でクリストファー…。親バカの弊害だな!
2007/11/21 21:36|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/693-b1ba62d4
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。