映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]父親たちの星条旗 

父親たちの星条旗 (特別版)

★★☆☆☆

太平洋戦争末期、硫黄島に上陸した米軍は日本軍の壮絶な攻めに苦戦をしいられつつも、圧倒的な戦力で山の頂上に星条旗を立てた。その写真は米国の勝利を映し出し、旗を立てた3人は、帰国すると英雄となっていた。しかし、そこには写真に映らない事実があり、それは政府の都合で封印されてしまう。
感想:英雄は作るもの!
どうも、今、過去、さらに過去と行き来して、流れが寸断された感がある。

こういう、真面目な映画で、主義主張を
最後のナレーションで語ってしまう映画は、その作品に自信が無いからだと
思うので、嫌いなのさ。

あまり、戦場のシーンの効果が感じられなかった。
マスコミの力は巨大だ
2007/08/26 21:26|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/659-6ea674a3
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。