映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]ターミネーター 3 

ターミネーター 3 プレミアム・エディション

★☆☆☆☆

審判の日に世界が崩壊せず、母サラの死を見届けた成長したジョン・コナー(ニック・スタール)は、世間との接触を極力避けながら細々と生きていたが、そこにまたも2体のターミネーターが現れた。女性型T-Xは、なぜかジョンではなく彼のクラスメイトだったケイト(クレア・デーンズ)ら、ほかの人間たちの命を狙う。そしてT-850(アーノルド・シュワルツェネッガー)は「“審判の日”は引き伸ばされただけで必ず訪れる」とジョンに警告する…。
感想:痛みのないアクションに名場面はない
正直今年ワーストかもしれない

前半のカーチェイス(クレーン車のやつね)は、CGの技術満点で迫力もある。
だが、ターミネーターもTXもさっぱり、痛がらない。
「苦痛で顔がゆがむ」・・・・なんてことはない。
まぁロボットだからと言われればそれまでだが、
僕ら人間としては、やはり痛みを体感できるアクション映画を見たいわけで。

そんな訳で、シュワちゃん知事がんばって
2007/07/07 22:24|映画TB:1CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
ターミネーター
当サイトを閲覧していただき ありがとうございます。ターミネーターが世に出てから もう20年以上になる。最初に製作されたターミネーターは、1984年でボディビル出身の俳優アーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムに押し上げ、シリーズ化されたSF映画として
ターミネーター 2007/07/12(木) 21:27
 
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/633-b57ae1aa
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。