映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]ホテル・ルワンダ 

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション ★★★★☆ 1994年アフリカのルワンダでは、長年にわたるフツ族とツチ族の民族抗争がエスカレートし、ついにフツ族はツチ族の大虐殺を開始。そんな中、ルワンダの高級ホテル支配人を務めるフツ族のポール(ドン・チードル)は、妻タチアナ(ソフィー・オコネドー)がツチ族であることから家族だけでも護ろうとしていたが、彼を頼って集まってきた難民たちを見ているうちに、彼の心の中で何かが変わり、独り虐殺者たちと対峙することに…。
感想:人間の権利と認知
100日で100万人が虐殺されたルワンダ事件を背景に、
1200人の命を救ったホテルマンの決死的行動を描いた実録社会派映画の傑作。

知らなかった、こんな歴史があったなんて
100万人の虐殺…全然イメージできないのですが、大体さいたま市の人口と
同じくらいです。

果たして誰が悪いのだろうか?
大統領を殺した、ツチ族?
大虐殺を始めた、フツ族?
そこを見捨てた、主要国?

そりゃ、全員だろう。だってみんなどこかで影響しあって生きているんだから。

好きに生きることは人間の権利だけど、そんな人々がちょっとでいいから、
他人を認めることができたら世界はもっと良くなるんだろう。
2007/03/17 00:00|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/566-5170c1e7
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。