映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[ひとりごと]杞憂 



2006年は邦画の売上が洋画を上回った。
そして、勢いはつづき、時は空前の邦画バブルだ。
しかし、話題作「どろろ」や「天国は待ってくれる」などの評判はパッとしない。売上的にはそこそこいっ
てるのにだ。

なんだかバブル崩壊へのオープニングクレジットが始まったようである。

映画関係者は忘れてしまったのだろうか?韓流ブームを。
明らかに完成度の低い作品の流通量の増加に伴い韓流は崩壊した。これは事実である。

今思うと邦画隆盛のきっかけをつくったのは、フジによる「踊る」シリーズだろう。
またテレビ局がバックアップすれば儲かる!そんな図式が、完成されたのは超短期でつくられた
「電車男」にほかならない。

話題になれば…ブームになれば…完成度は度返しで売れてしまう!そんな方程式を。

今話題の邦画を10年後に見たいですか?
彼ら気付いているだろうか、ダメ作品を流し続けたしっぺ返しがやってくることを。

質の高い作品が増えることを願ってやまない。


2007/02/20 00:00|ひとりごとTB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/548-b71f59ae
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。