映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]麦の穂をゆらす風 




★★★☆☆
内容:1920年、アイルランド。英国支配からの独立を求め、若者たちが義勇軍を結成する。
ダミアンもまた医者としての将来を捨て、兄テディと共に過酷な戦いに身を投じていく。
彼らの激しいゲリラ戦は英国軍を苦しめ、ついに彼らは独立を手にし和平条約にこぎつける。
しかし、やっと訪れた平和もつかの間、条約の内容をめぐる支持派と反対派の分裂は内戦へと発展する。

感想:戦争に価値はあるのだろうか・・・
コノ映画のキャッチコピーは「愛するものを奪われる悲劇を、なぜ人は繰り返すのだろう」名文です!

一切の事前情報なしで見たのを後悔しちゃいます。
もう少し、背景が分かっていたら、理解度がアップしただろう。

中盤、ダミアンが友人を射殺する時「この戦争に、こんなことする価値があるのか?」
この時彼は、"心"から"人間"を捨てたのだ。その痛みは画面を通してヒシヒシと伝わってくる。

"心"が"人"じゃなくなった時に、人は悲劇を引き起こすのだろう。

派手な戦闘シーンもないし、劇的な出来事もない、ただ悲惨なのだ、それが戦争であり、
世の中でもっとも無駄なものなのだ。

公式ぺージ
http://www.muginoho.jp/index.html


2006/12/28 00:00|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/503-a81660ed
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。