映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]スイミング・プール 



スイミング・プール 無修正版
★★★☆☆
内容:人気ミステリー作家サラが、出版社社長に誘われて、南仏の別荘に出向く。
そこには社長は来ず、娘のジュリーがやってきた。奔放な性格の彼女は、毎夜ちがう男を家に連れ込み、
サラに見せつけるかのように刺激的な夜を過ごしていた。
サラはそんな彼女に嫌悪を抱きながらも、目が離せず、次第に影響を受けていく。

感想:見終わってから、映画を組み立てる
なんてことないミステリーだなぁ~なんて、見てたらラスト1分で衝撃が!?
あれ??なんで???どういうこと????あの人だれ??????
こうして、見終わってからしばらく、あのオチの意味を考えることに。。

そして、結論はコウだ!
以下、見てない人は絶対見ちゃダメ!!!!
























つまり、別荘でのシーンは全て、サラの小説のなかの話(つまり劇中劇)であり、自由奔放で刺激的なジュリーは
サラの願望そのもの。

そして、あの事件では、
"ウェイターは出版社社長"の暗喩で、
サラはサラ自信、
"ジュリーは物語の冒頭に社長の所にやってきた新人"の暗喩なのかと思う。
つまり、"嫉妬"なのだ。
そう、サラは新人に社長を取られたことに嫉妬して、ウェイター(つまり社長)を小説として殺すのだ!
だから、最後にサラは社長が本を出版しないことを分かっていたんだと思う。

ただ、一箇所分からない点がある、
サラがウェイターを探してるときに、管理人の娘が言った言葉、
「ジュリーの母親は死んだよ。でもあれは不幸な事故なんだ。」
ど~ゆ~こと?


2006/12/09 00:00|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/488-cd655c09
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。