映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]ある子供 



ある子供
★★★☆☆
内容:20歳のブリュノと18歳のソニアの間に男の子ジミーが生まれた。
しかし、ブリュノは定職につかず、生活は彼がひったくったもので成り立っていた。
そして、お金に困った、ブリュノはあろうことか、愛息子ジミーを売ってしまう。

感想:子供が大人に変わる瞬間にあるのは「責任」
平坦な撮影で、バックミュージックなんて一切なく、ストレートな作品だ。

題名の「ある子供」ってのは、おそらく、父親ブリュノのことなんだろうな。
遊んでばっかで世の中から背を向けて、お気楽そのもののまるで、子供のようなヤツなんだけど、
最後の最後に、大人に変化する。
ただ、それだけなのに興味深い映画だった。


2006/10/31 00:00|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/457-2b744277
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。