映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]カーズ 



★★★★☆
内容:チャンピオンを目指し、快走していたライトニング・マックイーンは「決戦」の直前に、
地図から消えた街、ラジエター・スプリングスに迷い込んでしまう。
そんな、時代遅れの街でマックイーンは自分が忘れたものにきずいていく。

感想:命のないものに命を与えること
これまでのピクサー作品は常に挑戦であった、
「トイ・ストーリー」では、世界初のフル3Dアニメとして。
「モンスターズ・インク」では、難しいとされた、"毛"を見事に表現し。
「ファインディング・ニモ」では、CGの苦手部門の"水"を克服し。
「Mr.インクレディブル」では、"人間"を突破した。

そんな、PIXARが今回選んだのは、「顔のないものに顔を与えること」。
これって、実は非常に大変で、例えば「orz」と書けば、誰もが、「ヘコんでる」んだなって読んでしまう。
これは人間が、その形から創造してしまうからだ。良く考えたら、アスキーアートなんてただの「線」だ。

どうしても「車」なのだ。顔がついてて表情があって、それに感情移入させることが出来るのか?
この点が大きな疑問だった。
しかし、物語が進むにつれ、疑問は杞憂だったと感じた。
そう、カーズの車たちは「紛れもなく生命」だったのだ。
クリエーターに息を吹き込まれて、まるでそんな生物がいるかのごとく、喜怒哀楽を表現していた。

物語の方は、ただのドンチャンものではなく。きっちりとしたメッセージを感じることの出来る良作だ。

そうそう、エンドロールの後にもあるので、最後まで見ましょう。
もちろん恒例の、旧PIXAR作品の出演者も登場します♪


2006/07/10 00:00|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/387-159e5b86
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。