映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]ヒトラー ~最期の12日間~ 



ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション
★★★★☆
内容:1942年、トラウドゥル・ユンゲは数人の候補の中からヒトラー総統の個人秘書に抜擢された。
1945年4月20日、ベルリン。第二次大戦は佳境を迎え、ドイツ軍は連合軍に追い詰められつつあった。
ヒトラーは身内や側近と共に首相官邸の地下要塞へ潜り、ユンゲもあとに続く。
そこで彼女は、冷静さを失い狂人化していくヒトラーを目の当たりにするのだった。

感想:その死の先にあるものは・・・・何もない。
これほどまでに、重い映画は見たことがない。
人間が、人間としてではなく"ただ死んで行く"のである。
あまりに冷たく。。。。。その先に見えるものは「無」のだ。
そこにあるのは、ヒトラーへの狂信的としか思えない忠誠心だけなのだ!

この映画を見たからといって決してヒトラーに好感が持てるなどということはないし、
戦争の愚かさ・残虐さはいやというほど伝わってくる。

劇中ヒトラーはこのように言う「戦場で犬死するのが若者の仕事だ!」
この時点でカレのカリスマ性はまったく無になっているようだった。
「ただ自分の保身がしたいだけ」「自分のしたい世界にしたいだけ。」要するに子供なのかもしれない。

最後に、ヒトラー役のブルーノ・ガンツ似すぎです!


2006/05/29 00:00|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/362-bc94f0fa
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。