映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]バッド・エデュケーション 



バッド・エデュケーション
★★☆☆☆
内容:1980年、スペインのマドリード。新進映画監督のエンリケは、若くしてすでに成功を収めていた。
そんな彼のもとにある日、少年時代の親友イグナシオが脚本を手に突然訪ねてくる。
そこには少年時代の彼らの一途で純粋な愛と、それを引き裂く悲劇が綴られていた。
2人はその脚本を基に自伝的な映画の撮影を始める。しかしその後、
エンリケはイグナシオの大いなる秘密を知ることになるのだった。

感想:気味が悪い
とにかく、出演者はほとんどが男、で当然男同士のSEXシーンもアリ、どうも体が受け付けなかった。
とにかく、前半は?なシーンばかりで、後半に一気につながるのだが、そこまで耐えるのが一苦労だった。
先に予告編を見れば良かった。
少年イグナシオが成長して退廃的な生活へと転落する過程が一切描かれていないので、
過去の傷の結果が後のイグナシオをどう追い込んで行ったのかという部分がほしかったなぁ。


2006/05/13 00:00|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/351-344df3ad
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。