映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]きみに読む物語 



きみに読む物語 スタンダード・エディション
★★★★☆
内容:とある療養施設に独り暮らす初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。
そんな彼女のもとへデュークと名乗る初老の男が定期的に通い、
ある物語を読み聞かせている。それはアメリカ南部の夏の恋物語だった。
――1940年、裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女アリーは、
そこで地元の青年ノアと出会う、2人の恋は身分違いをこえ熱く燃え上がっていく。
感想:愛は科学を超える
これまでもあったような、ひと夏の恋。身分を越えた恋。を扱っているのだが、
主演のライアン・ゴスリングとレイチェル・マクアダムスのキラキラ感が
観客を物語の一人へと引き込むようであった。
画面を彩る、「赤」「青」「白」の色たちが映画を「お花畑」にしたのだ!


2006/03/05 00:00|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/306-c160b7b6
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。