映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]エイプリルの七面鳥 



エイプリルの七面鳥
★★★☆☆
内容:アパートで恋人ボビーと暮らすエイプリルは、いつもの感謝祭とは違う特別な日を迎えようとしている。
自由奔放な彼女は、典型的な中流家庭である家族を嫌い、中でも母とは何かと衝突、
やがて家を飛び出し現在に至っていた。
だがある日、母が癌で余命わずかと知った。
そこで彼女は、郊外に住み、もう何年も会ってない家族全員をディナーに招待して、
母の好物である七面鳥のローストを振る舞おうと決意する。
感想:映像とは説明
ドラマの進行に合わせて、家族たちの過去が少しずつ明らかになっていきます。
説明的でなく、さりげない会話の中で語らせるところが絶妙です。
また、過去を引きずる家族の話なのに、過去の回想シーンは一切無く、
見る人の想像力を駆り立てる手法も効果的だった。
アパートでは多種多様な人々がすみ、アメリカの縮図のようで大いなる皮肉を感じた。
このように、映像や演出的にはいいのだが、いかんせん地味な作品だった。


2005/11/05 00:00|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/227-f8a064fb
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。