映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[映画]2046 



2046
★☆☆☆☆
内容:1960年代の後半、香港の古びたホテルに住むチャウ(トニー・レオン)は、それまで自分が接してきた女性たちとの思い出やこだわりを胸に、ある近未来SF小説『2046』を書き始めていく。
感想:映像にストーリーがついていかない
たしかに、映像は美しい、とくに、近未来部が。。。しかし、映像の前にストーリーを何とかしたほうがよい。とりあえず、何がしたいのか最後までちんぷんかんぷん。。。
中国の監督、チャン・イーモウにもいえるのだが、登場人物の色を画面全体に映し出すのがうまいなぁ。。今回は、フェイ・ウォンの赤、チャン・ツィイーの緑、あと誰かの黒など。。
ウォン・カーワイ監督作品
「天使の涙」・・・・・・よかった
「恋する惑星」・・・・・最高だった
「ブエノスアイレス」・・最悪だった
「2046」・・・・・・・・イマイチだった
そろそろ、名前に負けない作品を期待する。


2005/08/13 00:00|映画TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://satsea77.blog83.fc2.com/tb.php/181-a210e315
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。