映株ひとり

映画を見たり、株をやったり、どっか行ったり、 そんな日記。 いや、記憶か!?

ほぼ 



全記事表示

プロフィール 

satsea77

satsea77
映画と株とひとりごとな暇人 UML_mini.gif SunCertifiedAssociateForTheJavaPlatform

最近の記事+コメント 

最近のコメント

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

[ひとりごと]サブプライムの距離 

サブプライムショック爆発でえらいことになった(;゜〇゜)

毎月給料日に、その時時点の資産がどれだけあるのかチェックしているのだが、


8月給料日。。。。。前月比。。。。。-70。。。。。。。。。。


こうなったら、totoが当たるしかない!


eBankでtotoBIGを買った人が1等を当てたらしい!
未来の俺か!?


話は変わるが、

『キョリ測』ってサイトを発見?(数ヶ月前)


我が家から、駅までは。。。。。


【キョリ】4.4Km
【歩数】5447歩
【徒歩】1時間22分
【ソフトクリーム】1.8個分

やっぱ遠いな~。
それにしてもカロリーの消費ってたいへんなんだなぁ。

http://www.mapion.co.jp/route/
これでルートを検索してくれたら最高なのに。。。

この画像は『ザ・シンプソンズ MOVIE』の声優交代への抗議ピクチャーらしい。
シンプソンズ

ちなみに声優は
和田アキ子(57)
所ジョージ(52)
ロドブー田村淳(33)
ベッキー(23)

良く出来てるな~
スポンサーサイト
2007/08/31 00:21|ひとりごとTB:1CM:0
 

[映画]硫黄島からの手紙 

硫黄島からの手紙 期間限定版

★★★★☆

1944年、陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。本土防衛の最後の砦の硫黄島だったが、場当たり的な作戦と非情な体罰により、兵士たちは疲労と不満が渦巻いていた。ところが栗林は違った。アメリカ留学の経験があり、敵国を知り尽くした男は、体罰をやめ、島のすみずみまで歩き、作戦を練りに練った。
感想:同じ人間が起こす悲劇
『父親たちの星条旗』より、良かった。

一般的な戦争映画は、片方からの視点でのみ語られており、
通常、主人公=正義と、敵軍=悪となるのが常だ。

しかし、今作では、
同じように、捕虜を虐殺し
同じように、母親からの手紙を大切に胸にしまっている

戦争には「正義」も「不正義」もなく、ただ単に同じ人間が犯す醜い過ちである。


中村獅童だけ、ちょっと演技が過剰だった。歌舞伎の影響?


ちなみに
「硫黄島」の正式名称は、「いおうじま」ではなく「いおうとう」だそうです。
(2007年6月18日から)
2007/08/27 21:38|映画TB:0CM:4
 

[映画]父親たちの星条旗 

父親たちの星条旗 (特別版)

★★☆☆☆

太平洋戦争末期、硫黄島に上陸した米軍は日本軍の壮絶な攻めに苦戦をしいられつつも、圧倒的な戦力で山の頂上に星条旗を立てた。その写真は米国の勝利を映し出し、旗を立てた3人は、帰国すると英雄となっていた。しかし、そこには写真に映らない事実があり、それは政府の都合で封印されてしまう。
感想:英雄は作るもの!
どうも、今、過去、さらに過去と行き来して、流れが寸断された感がある。

こういう、真面目な映画で、主義主張を
最後のナレーションで語ってしまう映画は、その作品に自信が無いからだと
思うので、嫌いなのさ。

あまり、戦場のシーンの効果が感じられなかった。
マスコミの力は巨大だ
2007/08/26 21:26|映画TB:0CM:0
 

[映画]シェイド 

シェイド

★☆☆☆☆

世界最大のカジノ・シティ、ラスベガス。ここに一攫千金で大金を掴もうとしている3人の男女がいた。3人は綿密な計画と鮮やかなテクニックで大きな仕事を次々とモノにしていく。そしてついに、伝説のギャンブラー “無敗のディーン” と対決する日を迎えた。だが、その勝負には敵も味方もなく、それぞれの思惑が絡み、いくつもの巧妙なトラップとトリックが仕掛けられていた。
感想:なんでもありか!
一攫千金を狙う3人の男女の関係が一見協力関係に見えて実は「三角関係」だったり、
信頼関係ゼロだったり・・・。そこがミソ。

ドンデン返しはいいんだけど、タネは表示しろ~~
それじゃ、なんでもアリになっちゃうじゃんか~~

あと、スタローン!!
トランプ稼業なのに、胸板暑すぎ
2007/08/24 23:01|映画TB:0CM:0
 

[映画]ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間 

ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間

★★★★☆

ナチスドイツ占領下のフランスを舞台に、ボルドーに逃れた人々とフランスの運命が決まる36時間を、女優と作家、愛人の三角関係を軸に描く群像ドラマ。
感想:男は女に弱い
めちゃめちゃ脚本が良く出来ている。まさに「巧い」ってかんじです
特に説明もしないのに、沢山の登場人物に余すことなく光を入れている。

ジャケットを見ると「悲劇」ですが、内容はどことなく「喜劇」

難点は、ちょっと後半単調。。
2007/08/23 22:20|映画TB:0CM:0
 

[映画]天国の口、終わりの楽園。 

天国の口、終りの楽園。

★★★☆☆

幼なじみのフリオとテノッチは退屈な時間を持て余していた。そんな時、美貌の人妻・ルイサと出会い、あるかどうかもわからない幻のビーチ“天国の口”を探す旅に出ることに。
感想:真実は夢
青年の青春時代の思い出にしては話しが出来すぎかもしれないが、
セックスと友情を大胆に絡ませていくストーリー展開はとても自然でよかった。

また、メキシコの風景もなんとも言えぬ味をだしているのだが、
ナレーションが話を寸断しているきがしてならない。
2007/08/20 20:42|映画TB:0CM:0
 

[映画]RV 

rv.jpg

★★★

バラバラの家族をまとめるためハワイ旅行を計画中のボブは、上司命令でコロラドへ行く破目に。そこで彼は、キャンピングカーでのコロラド旅行を家族に提案するが…。
感想:これぞ!ロビン・ウィリアムス傑作コメディ!
この手のコメディはもはや目新しさは全くないので、3点満点にしました!

とにかく、ロビン・ウィリアムスの表情が豊かで豊かで、
「ウンコ」ネタも、バカ爆発で、笑えましたヽ(´ー`)ノ

まぁ、1度みれば十分だけどね!
2007/08/18 22:54|映画TB:0CM:0
 

[映画]新・猿の惑星 

planet.jpg

★☆☆☆☆

コーネリアス、ジーラら3匹の猿は、タイム・トラベルによって'70年代の地球へと到着した、猿をまっていたのは。
感想:続編の失敗!
あっ、これ3だったのね。。。。
2見てにゃあ。

1は映画史に残る、衝撃の結末で傑作だったのに、
もう、3では何処が「猿の惑星」状態で。無理ありすぎ。。。。
2007/08/14 22:42|映画TB:0CM:0
 

[映画]狩人と犬、最後の旅 

dog.jpg

★★☆☆☆

長年、ロッキー山脈で猟をして暮らしてきたノーマン・ウィンターだったが、森林の伐採により動物たちは減少していき、狩人として生きることが困難になっていく。彼はロッキーを去る覚悟を決め、今年の冬を最後の猟にしようと決める。
感想:映像は美しいが現実は儚い
映像は素晴らしい。それは認めよう。
ただ、単純につまらない。それも認めよう。

あんな生活は僕にゃおくれない。
2007/08/13 22:35|映画TB:0CM:0
 

[映画]レーシンング・ストライプス 

レーシング・ストライプス

★★☆☆☆

嵐の中でサーカス団に置き去りにされてしまったシマウマのストライプス。そんな彼は心優しい農場主に育てられて、スクスクと成長。やがて彼は競走馬としてレースに出たいと思い始める。
感想:キャラがかぶりすぎ
なんだか、色んなキャラが登場したが、
どこかみんな同じような感じで。

特にハエの汚物キャラは最悪だ!!

映画では「見た目ではなく心が大切だ」って散々述べているのに、
ハエ=汚物⇒↑の説得力が無い
2007/08/11 22:58|映画TB:0CM:0
 

[映画]キンキーブーツ 

キンキーブーツ

★★★★☆

田舎町ノーサンプトンの伝統ある靴工場の跡取り息子チャーリー・プライス。優柔不断な彼は、婚約者のロンドン転勤を機に、田舎を飛び出して羽を伸ばそうと考えていた。ところが、ロンドンに到着早々、父親の訃報が届く。あまりにも突然に工場を引き継ぐこととなったチャーリーだったが、工場の実情は倒産寸前と判明。彼は再起を賭け、紳士靴を諦めて、ニッチな靴を作り始めた。
感想:偏見を越えた時、そこに新たな可能性が開ける
ちょ~面白い。

人間はつくづく、偏見に満ちた生き物で、他人に頼ってばかりの弱い生き物なんだなぁ。
でも、そんな人々が、弱さを認め、偏見を払拭した時に新しい世界が開けるものだ。

あまりに、オカマさんが、男らしいのもある意味、偏見か?
2007/08/08 22:11|映画TB:0CM:2
 

[映画]セレブの種 

セレブの種

★★☆☆☆

ハーバード大学を優秀な成績で卒業し、大企業に務めていたエリート黒人のジャック。だが会社の陰謀で解雇されるハメに。職を失ったジャックだったが、レズビアンのカップルに“種付け”する商売を開始して…。
感想:スパイク・リー史上最大の失敗作
なんだか、色々な主張を盛り込みすぎて、何が主題なのかが見えなくなってしまった。
きっと、ニックスが弱くなったから、スパイクも不調なのかなぁ。

場面の切り替えも急すぎるし。

現実問題として、こんな商売あっても面白いかも!
まさに、遺伝子治療。

それにしても、邦題の『セレブの種』はセンスがいいと思う。
2007/08/07 22:04|映画TB:0CM:0
 

[映画]アフリカン・ダンク 

アフリカン・ダンク

★★★☆☆

大学バスケットボールチームのアシスタントコーチは、未来のスターを探していた。そんなとき、人類学の映画の中でこれはと思う若者を見つけたが、彼は遠いアフリカの地に住んでいた。しかし、苦心して探し出した2メトル5センチのその若者(チャールズ・ギドンガ・マイーナ)は、ある種族の王の地位を受け継ぐプリンスだった。
感想:クールランニングの二番煎じではない。
「アフリカの青年が、アメリカに来て、コーチとの対立、仲間との別れ、ロマンスを
通して成長する姿を描く」・・・・そんな王道な話では、なかった。

なにせ、なかなかアフリカから出ないもんだから。
まぁ、あのヒロインの価値があるかと言われたら、100%無いとおもうが。

ビール片手に、見てください。

原題は『THE AIR UP THERE』直訳すると『そこの上の空気』
う~ん、どういう意味なのだろうか?
2007/08/06 21:52|映画TB:0CM:0
 

[日記]ROCK IN JAPAN FES.2007 

毎年恒例のFESに7年連続(もはや趣味)参戦してきました。
朝5時45分に出発。昨年と同様の道のりで、開門ピッタリに到着!
朝から気分は上々!FEEL SO NICEです!

ギターを持つと人が変わる?チャットモンチー
朝一はレイクでの、チャットモンチー!
素朴な感じの可愛らしい乙女?がギターを持つと人が変わったように
弾き狂います。かっこいいっす!

進化する男KREVA
何故だか、毎年のように見ることの出来るKREVA
今年は何故かダンサーを引き連れての公演。
Dragon Ash化?
おっ(;゜〇゜)KREVA踊りだした~( ̄○ ̄;)!
でも、切れ味は・・・・(ご想像にお任せします)

意外にロックなレミオロメン
レミオロメンのイメージ⇒粉雪⇒冬。。大丈夫だろうか?
心配するだけ損だった、ロック満開で、夏フェスって感じ!

ミラクルCOCCO
超細い!骨と皮だけって感じです。
あんな体でよく、あの声が出るものだなぁ。

夏だ!FESだ!RIP SLYME!
あ~楽しいHappyださいこぅ~だ~

これは本物だ!RADWIMPS
RIPが終わって、早足でレイクへ。
レイクでは、見たことの無いくらいの人ひとヒト。。
今の勢いを物語ってます!マヂかっこいい。
特に味噌汁'Sの「ジェニファー山田さん」なんて最高!

Dragon Ash
RAD終わって、なんとか大トリのDAの最後2曲に間に合いました。
ROCK IN JAPANに毎年参加している、Dragon Ash。
ROCK IN JAPANに7年参加している、satsea77。
初参戦した年の、トリもDAだったなぁ。
その時、最後の「VIVA LA REVOLUTION」でkjは涙していた
今年も、最後の「VIVA LA REVOLUTION」でkjは涙していた
毎年参加しているのに、毎回感動を呼ぶほど真剣に取り組んでいるDAに
最大級の敬意を払いたい


というわけで、スイスイと12時には帰宅しました。

来年もいくぞ~♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今年の反省
ちょっとお菓子を買い過ぎた。。
2007/08/05 10:17|日記TB:0CM:0
 

[株]2007/08/03 

サブプライム問題に端を発した、世界同時株安にどっぷり浸かり中
個人的には、みんな狼狽しすぎでは?と感じてしまう。

さて、あったことを。。。
1.シダックス増資を発表(4万株の公募増資で最大47億7000万円を調達)  ⇒⇒この手の増資は、株数が増えるだけで、既存株は値下がり必死なので、さっさと手放した。
ちなみに、手放した後も、ここ1ヶ月で10%以上下げてます。
(ギャガでの苦い経験がやくだちました。)

2.ソフトフロント 2321.OJ :07年度 第1四半期単体、当期赤字幅縮小9900万円、08年3月予想1.50億円の黒字
 ⇒⇒ホントか?毎回上方修正なのだが。。。

3.USEN 宇野社長、保有するライブドア全株式を売却
 ⇒⇒この人は何がしたかったのだろうか?



2007/08/03 22:19|TB:0CM:0
 

[映画]ワンダーランド駅で 

ワンダーランド駅で

★★★☆☆

ボストンのワンダーランド駅行きの地下鉄で通勤している夜勤看護婦と配管工のふたりの男女が、ニアミスを繰り返しながらそれぞれの恋愛に悪戦苦闘する姿を描いたラブストーリー。
感想:ボサノバが心地よい、出会わないラブストーリー
一般的な恋愛映画は「恋愛が始まってから」を描きますが、
今作はは「恋愛が始まるま」でを描きます。

だから、1つの映画で、2つのストーリーを楽しめます。
まぁ、最後のオチは強引極まりないのですが。

のどかな昼下がりに紅茶を飲みながら見たい作品です
2007/08/01 22:12|映画TB:0CM:0
 
フリーエリア 




天気予報 

J1対戦表 

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

F1 NextRace!! 

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

リンク 

Copyright(C) 2006 映株ひとり All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。